弁当屋開業のコツTOP > 弁当屋開業・経営の基礎 > 弁当屋開業について

弁当屋開業について

弁当屋の開業は、比較的、リスクが低い独立方法です!!

一般的な飲食店と違い、フロア(ホール)が必要ありませんので、小さい店舗スペースで経営できますので、家賃を節約できます。

実際、飲食店の経営というのは甘くありません。飲食スペース(フロア)のある飲食店の多くが、開業後数年以内に、廃業をすることになります。

一方、弁当屋は、飲食スペースのある飲食店に比べると、廃業率が低く、長く、経営をされているお店が多いです。

女性も仕事を持つのが当たり前の時代になり、中食(調理済み食材を家に持って帰って食べること)が今後も益々増えるであろうとかんがえられるので、これからも伸びていく業種であると考えられます。

また、一度、弁当を購入していただければ、リピーターになる方もたくさんいますので、売上も安定しやすいです。

ただ、弁当屋の場合は、お酒/ドリンクの収入をほとんど得られませんし、客単価はそれほど高くないので、相当な繁盛店にならない限り、大きな収入を得られません。

スポンサーリンク

最近では、コンビニやスーパーでもリーズナブルで味の良いお弁当を提供していますので、競争がとても激しくなっており、「ちょっと美味しい。」「ちょっと安い。」ぐらいのお弁当を提供するぐらいでは、あまり売上を伸ばすことはできません。

もし、弁当屋を開業して、生活を出来るぐらいの収入を得たいなら、弁当屋として成功する覚悟を強く持って、他の弁当を売っているお店を圧倒できるほどの「美味しくて、特徴のあるお弁当」を提供する必要があるでしょう。

あなたが本気で弁当屋として生計を立てていきたいと考えているなら、ぜひ、努力を惜しまず、「あそこのお店はとっても美味しい!」と口コミになるほど、美味しいお弁当を提供できる弁当屋を経営してくださいね。

そんな弁当屋になれば、あなたはサラリーマン以上の収入を得られるようになっているでしょう。

弁当開業資金 >

スポンサーリンク
よく読まれている記事 TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
弁当屋開業の流れ
ホスピタリティ
弁当屋開業資格

開業資金について

開業前に準備しておきたいこと

 

PAGE TOP