弁当屋開業のコツTOP > 弁当屋開業・経営の基礎 > 弁当屋開業資金

弁当屋開業資金について

弁当屋の開業資金ですが、店舗取得費(店舗保証金など)、内外装費、厨房設備機器などの費用が発生します。(*配達をする場合は、自転車やバイク購入費が発生します)

店舗取得費は立地によって大きく変動します。

だいたい、弁当屋の開業資金は300〜1,000万円程度はかかるようです。

厨房機器を中古にしたり、居抜き物件(以前に弁当屋だった物件を借りる)を借りたり、内外装工事を知人に手伝ってもらったりすることで、節約をすれば、300万円未満でも弁当屋を開業することは可能です。

飲食スペースのある飲食店に比べると少ない金額で開業をできますが、それでも、300万円以上はかかってしまいます。

開店してからの費用も考えておきましょう

なお、300〜1,000万円は開業にかかる費用のみで、実際は、運転資金・生活費などで、さらに資金を準備しておく必要があります。

開業後、すぐにお店が流行って、売上から運転資金・生活費を支払うことは、まずありえません。

お店を継続していくことで、信用を得て、何度も来店をしていただけるようになって、売上が安定して、運転資金や生活費を稼げるようになることが一般的です。

スポンサーリンク

そのため、お店が運転資金や生活費を稼げるようになるまでの資金を準備しておくことが必要です。少なくとも3ヶ月〜半年分ぐらいの運転資金/生活費を準備しておくと良いでしょう。

ちなみに、開業資金・運転資金について、自己資金で不足している分については、自己資金と同等または2倍程度ぐらいまでなら、銀行から借入を受けることができます。

もし、開業資金が不足しているなら、政府系の金融機関や銀行から融資を受けると良いでしょう。融資についてはこちらのページをご参考になさってください。

< 弁当屋開業について | 弁当屋開業資格 >

スポンサーリンク
よく読まれている記事 TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
弁当屋開業の流れ
ホスピタリティ
弁当屋開業資格

開業資金について

開業前に準備しておきたいこと

 

PAGE TOP