弁当屋開業のコツTOP > 弁当屋開業方法 > 開業資金・銀行融資・借入について

開業資金・銀行融資・借入について

弁当屋の開業資金として300〜1000万円程度の費用が必要となります。(*立地、店舗取得、内装/外装工事、厨房機器の費用によって開業資金は変動します。)

まずは自己資金ですが、不足する分については、家族から借りることも検討しましょう。なお、友人や知人からの借入をする方もたくさんいらっしゃるようですが、あとで、返済トラブルなどが起きやすいので、なるべく、友人や知人からの借入は避けましょう。

スポンサーリンク

 

もし、自己資金・家族からの借入でも資金が不足する場合は、融資を受けると良いでしょう。一般的には、開業資金として、下記の融資を受けることができます。

日本政策金融公庫の融資

新規開業者の多くが、公的金融機関である日本政策金融公庫の融資を借りています。開業時であっても、積極的に、資金を貸していただけます。(以前は国民金融公庫ー国金と呼ばれていました)
銀行からお金を借りたいなら、まずは、こちらの銀行から借り入れをするようにしましょう。

ただし、融資を受ける際には審査がありますので、すべての方が借り入れできるわけではありません。

借り入れできる金額は、以前は自己資金の3倍程度までと言われていましたが、最近は5倍以上の資金が借りられるようになったようです。

銀行融資

一般の銀行からの融資です。ただし、都銀は開業時の融資には積極的ではないので、規模が小さい地方銀行や信用金庫のほうが良いでしょう。

なお、開業時の融資は返済不能になる確率が高いので、銀行が開業時の融資をする際には、信用保証協会の保証付き融資を申し込みすることになります。(回収ができなくなった場合、一定の金額を信用保証協会が保証する融資。銀行のリスクが低減される融資)
銀行の融資を受けたいなら、この信用保証協会の保証付きの融資を申し込みましょう。開業時でも融資を受けることができます。

自己資金の考え方

自己資金で望ましい形は、本人が働いて毎月コツコツ貯めたお金となります。親から資金援助してもらったり、借りたりしたお金は自己資金とみなされない場合があるのです。

ですので、弁当屋で独立を希望するのであれば、自己資金貯金用の通帳をつくり、毎月コツコツ貯めておけば審査の際にとても印象がよくなり、(この人は努力してきちんとお金も貯められる人なんだとおもわれる)審査に有利に働きます。

開業時に高金利のローンは借りてはいけない!

開業時の資金として、カードローンなどを利用する方がいますが、これは絶対にやめてください!

利益の少ない開業時から金利の高いローンを借りてしまいますと、高い金利負担が重くなって、開業後、返済不能になる可能性が高まります。また、カードローンは簡単に借りることができますので、どんどん追加で借入金額を増やしてしまう傾向があり、残高がどんどん増えて、開業後すぐに、金利さえも払えない状況になり、取り返しのつかない状況になることが十分にありえます。
カードローンのような高金利で借り入れをするなら、開業をすることは思い留まる方が良いでしょう。

開業資金をコツコツとためてから、開業をするようにしましょう。

スポンサーリンク
よく読まれている記事 TOP4
No. 1 No. 2 No. 3 No. 4
ホスピタリティ
弁当屋開業の流れ
ホスピタリティ
弁当屋開業資格

開業資金について

開業前に準備しておきたいこと

 

PAGE TOP